みなさんと作ったお弁当 – 今週の特集

このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

東日本大震災が起きてから、2年が経ちました。2年というと、長い時間のような気がしますが、昨年7月にお弁当ワークショップをおこなわせていただいた石巻の状況は、復興が手付かずのところも多く、とても悲しく申し訳ない気持ちになりました。

でも、ワークショップに参加していただいたみなさんはとても元気に楽しくお弁当を作っていただきました。やっぱりみんなでわいわい作ると楽しい。これからも、こうした機会があれば、どんどん参加させていただきたいと思っています。

今週の特集は、石巻のワークショップで作ったお弁当をはじめ、いろいろなイベントでみなさんと作ったお弁当です。


石巻のワークショップ」で作った夏休み絵日記お弁当

石巻のワークショップ作ったお弁当

上から、「夏休み」「ドキドキ?キャンプ」「お花咲きました!」です。

ワークショップは防災訓練の前日でした。いろんなお気持ちの方が参加されるだろうと思い、お弁当の絵の種類を多くして、楽しく作れる絵柄を選んでいただけるように考えました。


伊藤ハム西宮工場のワークショップで作った「化石発掘トースト

伊藤ハム西宮工場のワークショップで作ったお弁当

お絵かきお弁当は、お母さんとご一緒にお作りいただきました。

お子様だけでも楽しめるものとして、このお絵かきトーストをやってみました。


フィリピン初のお弁当コンテスト」で作ったターシャ弁当

ターシャ弁当
ターシャは、ボホール島に住む世界一小さいおサルさんです。体長は約10センチ。小さい!!

コロッケにハムの耳をさして、大きな目を付けたら、かわいいターシャになりました!


雑誌「VERY」で読者の方々と作った「もうじき桜弁当

VERYで読者の方々と作ったお弁当
卒業式や入学式の季節ですね。はやく桜咲かないかしら?



よろしければクリック
↓↓お願いします↓↓
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
 にほんブログ村


関連する記事










2 Comments

  1. ショージ君 より:

    ほんとに、あっという間の2年ですが 全く復興が進んでいないことを
    今日一日中 それが現実であるというニュース、お話ばかりで
    普通の生活ができていないということが どれほどつらいことか、
    心が痛む 鎮魂の一日でした。
    ちびぶーさんも去年いち早く 石巻までお出かけになり 
    惨状を目の当たりにされ実感され 他人ごとではない 何とかしたい胸の詰まる思いをご経験されたことと思います。
    また、機会があれば お子さんたちもきっと喜びますし 少しでも
    皆さんが笑顔になれる応援に行けたらいいですね。 

  2. chibibu より:

    ショージ君さんこんにちは。
    学校のそばの桜が満開です。ビルの谷間ですが、日当たりやら風よけやら、何か好条件がかさなっているのでしょうか。今日は風が強く花が心配です。

    自然は立ち止まらずに時を進めていっています。自分の2年はどうだっただろうかと考える日でした。毎日一生懸命だったろうか、誰かの役に立つことはあっただろうか。

    私だけでなく日本中がこんなに復興に時間がかかると思っていなかったと思います。そのことでも自信を失った気がします。でもとにかく自分に出来るところから、しっかりやっていくしかないと思っています。

コメントを書く

(管理人にのみ公開されます)









Translate »