ショージ君さんの投稿—Special guest’s Work

2011年8月17日

  

  

  

涼を求めて ⑤
こちらの地方ではお盆頃に「たら胃とか、たらおさ」と呼ぶ タラのエラを乾燥させたものが出回ります。
棒タラの甘露煮は身の方を干して使いますが これは身を全て取り除いた後の骨と筋ばかりで まるで恐竜のようにグロテスクな形ですが 高価なものです。煮ると 骨からずるっと取れた筋はこりこりとして歯ごたえ良く珍味です。
 
写真の左側に見える げじげじしたのがそれです。
 
流氷上のあざらしの赤ちゃん
コンソメジュレの上にビシソワーズを流し
豆腐白玉ですり身揚げを包んで作りました。
大きい方は ふわふわパンです。


ちびぶー:投稿ありがとうございます。

たら胃も、たらさお も初耳ですー!海の幸を残さずいただく先人の知恵はすごいですね!きっと細かい下ごしらえとか大変なんでしょうけど、手間を惜しまないのがまたすごい!!魚もお肉も皮のそばとか、骨のそばが一番美味しいので、たら胃も、たらさおも美味しいにちがいないです!

ほおずきの赤さも映えて、季節感あるオード-ブルで、すてき!

あざらしちゃんたちが、流氷で赤ちゃんのお祝いに集まってきたのかしら、涼しげで楽しいですね!ごろごろと、安心しきってくつろいでいる様子に癒されます~(T-T)あかちゃんとパンと素材がちがうのに全く同じ色に出来るんですね、驚きました!氷はメレンゲ? ううー食べてみたい! ビシソワーズ大好き!!

それにしても背景のセットがリアルです!!模型とかジオラマとかの才能もおありなのでは??

ショージ君さんの引き出しいっぱいあって楽しみです♪