タティングレース

2010年5月3日

タティングレースのシャトル

いきなり何がはじまっているかと申しますと、タティングレース・・・・ちょっと本日は逃避してました。

ごめんなさい。

でもってこれが、その逃避の道具。タティングレースのシャトルです。ツノのあるのや、無いのやいろいろ。

タティングレースという名前は最近しりました。それまで編みあがったものは見ることはあったのですが、まさかこんな編み方だったとは???

テレビで編み方を見てカルチャーショックをうけました。というわけで、さっそくチャレンジしてみました。

編み物といえば、かぎ編みと、棒編みと、リリアン(爆)、しか知らなかった私は、もうびっくり!

歴史は古いものなので、私が知らないだけだったのですが、いやーおどろいた。

タティングレース

本を見ながらなので、まだ1種類の編み方しかできなのですが、リボンにしたり、ビーズを挟んだりアレンジいろいろでバリエーションできます。

かわいくて面白いです。ピポット?みたいな出っ張りをつるとさらに世界が広がるのだけれど、まだうまくできないの(T-T)

やみくもに量産してしまったので、つなげてみたらどうかしらと思って、ネックレスの上に並べてみました。

タティングレースでアクセサリー

うれしくて、ちょっと盛りすぎでしょうか。

春のパンジーのイメージで並べてみましたが、ちょっと若向きですね。

もうすこし色数をへらしてみると・・・

タティングレースでアクセサリー

うーーーーん、もう少し減らしたほうが素朴でいいかも・・・?

タティングレースでアクセサリー

減らしすぎかな?

なんとなく春のイメージじゃなくなっちゃった。(T-T)

あと紐がもっと細いほうがイメージでるかな。そうだ、紐のうえに並べてみようかしら。

タティングレースでアクセサリー

うーーーん、それっぽくなってきたけど秋の気配が・・・m(_)m

それになんとなくつまんないような・・・。

アクセサリーのデザインって 難しいのねえ。うーむ。

もうちょと練習してまたレポートします!


使っているクロバーのタティングシャトル